PARALYMPICS GAMESパラリンピック情報

世界が小山をかけぬける

パラリンピックは、障がいに応じた自転車を駆使する駆け引きが醍醐味。
ロード選手は風雨の影響やコース状況を読み、長距離のコースを走破します!

パラサイクリングが熱い!!

パラサイクリングは障がい者の自転車競技。選手は障がいの種類によって4つのクラスに分類され、使用する自転車が異なります。(二輪自転車、三輪自転車、タンデム自転車、ハンドサイクル)
2020大会のロード競技は、全クラス小山町内で行われます!

COURSE MAPコースマップ

パラリンピックコース全体マップ

パラリンピックのコースは、富士スピードウェイをスタート・ゴールとして、富士スピードウェイ内外の複数の上り下りを含むコースとなっています。

  • ・ロードレース(男子/女子)クラスB、H1-5、T1-2、C1-5
  • ・スタート・ゴール:富士スピードウェイ
  • ・距離:約13.2km/1週

DISCIPLINE種目情報

Cクラス(Cycle 二輪車)
Cクラス(Cycle 二輪車)

切断、機能障がい、麻痺など手脚や体幹に障がいのある選手が出場するクラスです。
義手や義足などを使用する選手もいて、通常の二輪自転車を使用します。

Bクラス(Tandem タンデム自転車)
Bクラス (Tandem タンデム自転車)

視覚障がいのある選手が出場し、二人乗りのタンデム自転車を使用します。
前方に健常の選手(パイロット)、後方に視覚障がいの選手(ストーカー)が乗って競技を行います。(男女1クラス)

Tクラス(Tricycle 三輪車)
Tクラス (Tricycle 三輪車)

重度な麻痺や機能障がいにより体幹のバランスがとりづらく、二輪の自転車に乗ることが難しい選手が出場するクラスです。左右に倒れにくい三輪自転車を使用します。

Hクラス(Handbike ハンドサイクル)
Hクラス (Handbike ハンドサイクル)

下肢の障がいにより脚でペダルをこぐことが難しい選手が出場するクラスです。腕でこぐハンドサイクルを使用します。

MANNERSロードレースを楽しむためのマナー

  • MANNERS1

    身を乗り出したり、
    コースに入らない

    平坦路ならば時に時速50km以上、上り坂でも想像以上のスピードで選手は走行する。コース内には立ち入ったり、選手に近づこうと身を乗り出したりするのはやめよう。

  • MANNERS2

    コーナーのイン側での
    応援は避けよう!

    選手はコースを目一杯活用する。最短距離を走るために、コーナーのイン(内側)ギリギリのラインを通ることもある。コーナーで応援する際には、必ずアウト側で応援しよう。

  • MANNERS3

    応援グッズは
    コースに入れない!

    応援フラッグなどの応援グッズやカメラがコース内に入らないようにしよう。コース内に入っていいのは声援だけ。

  • MANNERS4

    下に物を置かない!

    集団が過ぎ去る際、風が起こる。下に物を置いておくと、風圧で飛ばされる危険性がある。それがコース内に入ってしまうと、落車の原因にもなってしまう。ペットボトルや空き缶など飛ばされやすい物を下に置くのはやめよう。

  • MANNERS5

    関係車両に注意しよう!

    レース中は審判車やチームカーなど多数の関係車両が通過する。選手の通過前はもちろんのこと通過後も関係車両がかなりのスピードで通るので十分に注意しよう。

CONTACT US